ホーム>スタッフブログ>浴室漏水FRP補修
スタッフブログ

浴室漏水FRP補修

都内の築40年のマンションで、浴室の漏水事故が何軒か続いたため、補修工事を依頼されました。

ユニットバスに比べ在来工法の浴室は防水処理が相当しっかりされていないと漏水が起こります。

ユニットバスに交換するにはコストもかかる為、改修時に既存タイルの上から、新たにタイルを張る工法が良く行われています。

タイルを張り重ねるのは問題ないのですが、最低限排水ドレン廻りと扉下の立上り部分だけは、既存タイル撤去後防水処理を行い、

建具回りのシーリング等は捨てシールを含め確実に行って頂ければ良いのですが、基本的にタイル屋さんの施工になりますので

防水は見逃されている事が多いようです。

漏水してからの補修にはコストも掛かりますし、乾燥時間の為、数日から1週間御風呂が使用できなくなりますのでご注意戴きたいと思います。

                                                     株式会社 一歩  横山

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.y-kenshin.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/26