ホーム>スタッフブログ>エリートの暴言
スタッフブログ

エリートの暴言

経産省の役人が被災地の人々に対して許し難い暴言を吐いたとの事。

被災地の問題は色々あるのだろうし、関わる立場によっては納得いかない事もあるのでしょう。

政治家がとんでもない発言をする事もしばしばありますが、何れも自分は施しをしている優れた人間だとの

大きな勘違いが生み出す慢心に基づく愚かな発言だと感じます。

私財を投げ打ち、それでも事が運ばない悔しさで思わず口をついて出た言葉と言うならまだしも、報酬をもらい仕事・使命として行っている立場で 何故人を否定・汚す事ができるのでしょうか。

腹が立って仕方ありません。                                一歩  横山太一

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.y-kenshin.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/12